■口座開設で 《もれなくプレゼント》 キャンペーン
 【もれなくプレゼント全一覧はこちら

5000円もれなくプレゼント中
ten.gifマネーパートナーズ(総合力でおすすめ)
ten.gif外為オンライン(超格安コストでおすすめ)
ten.gif外為どっとコム(初心者の方におすすめ)
ten.gifセントラル短資FX(信頼性の高さでおすすめ)
3000円もれなくプレゼント中
ten.gif外貨ex(初心者の方におすすめ)
ten.gifSVC證券(中級以上の方におすすめ)

2006年05月01日

BBー2σに頭から突っ込む意味


今回の敗因は、
チャート上には暴落の予兆が明確に出ていたのに、
わけのわからん「相場観」とやらにこだわってしまったのが一番大きいと思う。
ts00387.JPG

予兆1 ユロドル 三角保合上方ブレイク
予兆2 ドルスイス 下割れ
予兆3 ドル円 三角保合上方ブレイク ダマシ
予兆4 ドル円 三角保合下方ブレイク
予兆5 ドル円 一目雲 下方ブレイク

保合放れにつけ、という超古典的なテクニカル相場なのに、
テクニカル分析を信じ切れなかった私の愚劣さが露呈した。

私たちは、理屈抜きで相場様について行くしかないのだ。

ドル円はBB(ボリンジャーバンド)ー2σに頭から突っ込んでいるが、
これは重要な意味を持つ。

これは、BBー2σを突き破っているということを百も承知で、
なお売っているということだ。
つまり、苛烈な売り圧力を示す。

ただ、今般、保合放れとなったが、
もう一つのテクニカル上の原理「平均回帰」も存在する。
あくまで、いつまでも一方通行に進むわけではなく、
必ず反転するときがくる。
それがいつなのか。
正直、いつ反転してもおかしくないと思っている。
ドル円の陽線、ユロドルの陰線が示現する時あたりが節目となるだろう。

 
posted by FXTEC at 23:16| 東京 ☀ | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

無名戦士の墓2 サザンクロスここに眠る

AUDNZDが遂にお亡くなりになられた。

ts00213.JPG

ts00212.JPG

ts00214.JPG


売り平均1.13072
ストップロス 1.1810
5枚
NET損失173,830円

勝算はかなりあったつもりなのだが、見込み違いだったようだ。
NZDUSDが投機のおじちゃんたちにしつこく売り浴びせられているらしい。
NZDUSDでの負けとあわせて、NZDロングだけで、24万ほどの損失。

ここまでの急激な乖離は、このサザンクロスペアでは歴史的な乖離である。
少なくとも過去10年のデータにはない。
しかし、その「歴史的な暴落暴騰」「過去のデータから考えて、あり得ない現象」によって、
過去の多くの著名トレーダーたちもみな破産したのである。

ナンピン商いスカンピン・・・まさしく真実であると確信。
相場格言は、本当に偉大だ。

ナンピン商いスカンピン その真意は、
「過去から考えてありえないことが、ごく小さい確率だが起きうる。
そのとき、手じまいせずに財産をつっこんでナンピンすると、全ての儲けを吹き飛ばされるリスクがあるよ。相場から退場食らわないためにも、ナンピンはダメだよ。」
という教えだったのだ。
過去にも私と同じような過ちをしてしまった相場師が無数にいるのだろうなと思う。
こういうことは、我が身に起きて血を流さないと学べない。
ある意味、いろいろと勉強になった良いトレードだった。17万でも安い方だと思う。

小国、マイナー通貨にはこりごりだ。
低位株・ボロ株と同じ。

それでもまだ922,526円残っているから、まだまだやり直せる。
見切り千両。

というわけで、この口座は現在ノーポジ↓
ts00211.JPG

しかし、AUDNZD、私のストップを狩るだけ狩ってここから反落したら、
マジでナメとんのか?という感じ。

騰がるならさっさと騰がれ。   
posted by FXTEC at 12:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

The Neverending Story 果てしない物語

期末円高ジンクスは機能しなかった。

      終値 始値  高値 安値
2006-03-31 117.76 117.30 118.13 117.14

何らかの「変化」の予兆なのだろう。
それは無論、「円安」の暗示・・・!

欲に目がくらんでやった始値ショートは、もろくも失敗。
嗚呼、愚かなる哉、FXTEC。
愛欲の広海に沈没し、 名利の太山に迷惑す。
国破れて山河あり、の心境・・・。

期末相場の記録を、後学のためにここに残す。

ts0206.JPG

ts0207.JPG

ts0208.JPG

ts0209.JPG

ts0210.JPG

ts0211.JPG

ts0212.JPG

ts0214.JPG

ts0216.JPG
ユーロがおそるべき強さなので、
円安にも進みづらいと考える。

かといって、円安の圧力も猛烈。
とりあえず、120.14あたりがターゲットになるのか。


ところでサンプラザ中野氏の前向きなコメントに感激した。
http://gaitame-sunplaza.cocolog-nifty.com/sunplaza/2006/04/post_e474.html
原資の70%を失っても、なお立ち上がる姿勢。
何度破産しても立ち上がった希代の大相場師リバモアを彷彿させる。

そう、この投機というゲームは負けを自分で認めない限り、終わりのない物語なのだ。


  
posted by FXTEC at 12:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

もしかしてストップ刈りだったのか?

GFTでは先ほどの安値は117.82で、117.81はついてなかったようだ。

FXCMは、私のストップをピンポイントで刈ったあと、急騰したみたい。

FXCMのおじちゃんにやられた。
まあ、相対取引だからしょうがないわけだが。

ストップ刈られた後に急騰されるほど悲しいことはない。

しかし当然だが、ローリスクではローリターンということか。
posted by FXTEC at 20:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロはやはり化け物でした。

ドル円全力ロングは117.81でストップ。
スワップがついたので+2012円の超薄利。
まあ、楽しめたのでよしとする。

しかし、ユーロドルは本当に凄い。
あらゆる意味で破格。

私の稚拙な技術では全く歯が立たない。

ユーロドルで利益を確実に上げているかたがいらしたら、
本当に尊敬する。

しかしまた例によって、明日東京時間にブレイクしたら笑える。
posted by FXTEC at 20:07| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

FXと麻雀

先日FXと麻雀は似ていると書いた。

考えれば考えるほど、同じだな〜と思える。

麻雀でどんなに強い人でも、全勝は無理である。
ただし、半荘を10回くらい回せば、
ほぼ間違いなくプラスになっている。(絶対ではないが)

毎回トップをとる必要はない。
3,4位にならなければいいのだ。

FXで、「俺、全勝なんだぜ」「必勝法があるんだぜ」という人がいる。
それは、「俺、麻雀で全勝してるんだぜ」「麻雀の必勝法があるんだぜ」というのと同じで、
ほぼ間違いなく  である。
または、仮に本当だとしても、 世の中には宝くじに当たる人がいるのと同じで、 ただ運が良かっただけである。



AUDNZDショートの糞ポジ。

親がドラをカンしてリーチしたあとに、
子(2位)の私がリーチをかけてしまったような愚行と言えるかもしれない。

もちろん、アガることができれば良い。
万々歳である。
しかし、振り込んだら、終了、である。

親がドラカンリーチをした時点で、
自分がタンピン三色でテンパっていても、
オリるべきだったのだ。

もちろん、自分がアガる可能性もある。
しかし、それは戦略として完璧に失敗であると言える。
ただの無謀なギャンブルである。


今、AUDNZDをオリるかどうか考えている。

伝説の投資家と言われる人たちで、最後に破滅する人が実に多い。
リバモア、ギャン、その他数をあげたらきりがない。

彼らは名声を得て注目を浴びるようになると、
オリるにオリられなくなったのだと思う。

ts0133.JPG  
posted by FXTEC at 12:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

EURUSDは投機のおもちゃ?

昨晩、かなりの悪材料が出た後にも落ちなかった、
いや、むしろ力強く上昇したユーロドルが、
なぜかこの地味な時間に下割れ。

私のユーロドル ロングポジ は、ストップにかかって損切りされた。

何かユーロに昨晩の貿易収支を上回るとんでもないニュースがあったのか?
何もない。


もはや、ファンダメンタルズでは論理的に説明がつかない。
下がりたいから下がる、それだけだ。


最近、東京時間10〜11時に、仕掛けが入っていることが多いような気がする。
やはり、欧米の投資家が寝ている間に、仕掛けが入るのだろう。

FX,恐るべき難しさである。
バフェットでさえもEURUSDで大負けしているというのも納得できる。
理屈〜社会科学的分析〜では勝てない。
すなわち、ギャンブルである。

実際、スウィング用のFXCMJ口座ではパフォーマンスはイマイチだが、
超短期でやっているAFTのポジション非公開口座の方は、結構利益が出ている。

私はパチンコ・競馬・宝くじは絶対にやらない。
なぜなら、数学的に勝てないシステムになっているから。

麻雀はやる。
なぜなら、長期的に見れば技術と戦略で勝てるから。
麻雀をおやりの方には分かっていただけると思うが、
麻雀は、確率論である。

FXもタダのバクチであり、長期的な観点でみて技術で勝てないのであれば、
撤退も真剣に検討したい。

ただ、現時点での私の判断では、FXは麻雀に似ているように思っている。


■究極のFX業者比較

 外為FX業者199社 比較完全データベース

 おすすめ検索1:くりっく365往復コスト順

 おすすめ検索2:豪華キャンペーンをしている業者さん一覧



■日経225取扱証券会社の比較はこちら

 日経225先物・オプション徹底比較データベース



■コメントはこちらへ FX情報交換掲示板



■人気ランキング FX比較 なんでも人気ランキング

 アンケート形式による、人気業者、人気投資本などのランキングを公開中!



















posted by FXTEC at 12:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

ドル円決済

ドル円116.52ロングは、116.53でストップ決済されました。

利を伸ばす、というのは実に難しい。

ストップの置き方と、利食いのタイミング、今後のメイン研究テーマです。
posted by FXTEC at 15:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニッポン世界一

WBCですが、日本が優勝してしまいました。

凄い。

そして同時に為替への影響を考えてしまう自分がいやです。笑
posted by FXTEC at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドテンとストップ

とりあえず、私の読みは間違ってなかったようだ。

116.2のドテン売りは正解だった。
しかし、残念なことに、ストップ刈りでやられた。

ドテン自体は正しい戦略と言えるものと考える。

しかし、ストップの置き方も難しい。
今後の課題だ。

ts000000100.JPG

ts000000101.JPG
posted by FXTEC at 02:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

ドテンの可能性

昨晩は大負けだった。

ユーロスイス 三重のダマシ。
  逆張りエントリーしたが、トレンドが出たために、死亡
  →順張りしていれば、勝てた。

ドル円 順張りエントリーしたが、結局平均回帰(レンジ回帰)して死亡
  一目均衡のダマシ、三角保合のダマシ、
  →逆張りしていれば、勝てた。

オージーキウイ 今までの相場では考えられないほどの急激な変化が発生
  →ドテンしていれば、勝てた。現在も塩漬け


順張りをすると、ダマシにあう
逆張りをしても、ダマシにあう

どうやら、順逆どちらかが絶対に正しいという訳ではないようだ。

思うに、いかにもなサインが示現している場合、
誘い水の可能性が高いのか。

ダマシにあうことを前提に、
戦略を立てないといけないのだろう。

昨晩身をもって知ったのは、
エントリーの理由が崩壊した場合、
ドテンが有効ということだ。
ドル円で言えば、三角保合神話が崩壊したときに、
ドテンすべきだった。

さらにそのドテンがダマシだったら、損切るか、
さらにドテンするという選択肢がある。

相場は相場に聞けと言われるが、
こういうことなのかも知れない。

損切りドテンについては、
今後も積極的に研究していきたい。

とりあえずドル円は、現在中期MAでサポートされているが、
続落と予想する。
なぜなら、その方がより多くの人が困るからである。
ドル円は、多くの人が困る方向に突き進む傾向があるような気がする。
posted by FXTEC at 06:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

NZDUSD反省会 その2

もう一点反省すべき点が見つかりました。

トレンドラインを割った時点で投げるべきだったのかも知れません。

nz反省.JPG

*他の凄腕個人投資家のポジションはこちら

↓オリックスFXでは現在現金100万円が当たるキャンペーンをやってます
私もとりあえずダメもとで応募してみました。苦笑
オリックスFX



↓口座開設で最大5万円還元です





↓私が愛用しているGFT DealBookはココを通して利用させていただいています。
手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード
posted by FXTEC at 19:06| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失敗トレードその1 NZDUSD ロング

私のNZDUSDロングが天に召されました。(つД`)
その反省です。

失敗トレードファイルその1

NZDUSD 買い
買い平均 0.6691
損切り執行 0.6545

↓処刑執行の様子
NZ死亡.JPG

NZの墓.JPG

■ダメだった点 
・ファンダメンタルズ(或いは大きな流れ)を無視した
・敬愛する大相場師為替王大先生の警告を無視した
・0.67を割った時点で、底なしのトレンドが発生したものと見るべきだった(根本的なミス)

■良かった点
・なんと言っても、損切りを予定通り執行できた
・一回目のストップ刈りを回避できた
・危険を事前に察知できた
・今までに学んだことを生かせた

■学んだ点
・サインがダマシだったときは、潔く撤退
・テクニカルに逆行するときは、大相場
・リバがないとき、サポートは破れる
・ダラダラ戦闘が続くとき、防衛は破れる
・NY終値で戻らないとき、次の市場は追従する
・オセアニア通貨は自分に合わない。
・平日の、何の指標も要人発言もない日にも、暴落は突然訪れる
・政府筋の要人がシグナルを発しているときは、逆らわない
(今回の場合は、NZ政府要人のシグナル)

というわけで、完敗の試合でしたが、
総合的に見て、善戦した方だと思います。

そもそも逆張り戦略が根本的に間違っているという可能性もありますが、
これは今後もまた検証していきたいと思います。

「逆張りで仕掛けて、損切りドテンで順張り」というのが、今考えている戦略です。

逆張りに損切りは不可避のもので、損切り自体は正しい戦略だと考えています。

NZDUSD買いでリベンジするかどうかですが、経験上、損切ったポジションは、
相場観が根本的に間違っている
合が多く、リベンジによって泥沼にはまりこむケースが多かったです。

とすれば、逆にNZDショートでドテンするという戦略もあるのですが、
休むも相場で、NZDについてはしばらく手をつけないことにします。


ともあれ良い勉強になりました。
原資が残っていて、
相場に生き残れているだけで、運が良いです。

↓生き残ったポジたち
3-7-2.JPG
原資 750,000

■同じ逆張り戦略のUSDCADロングが成功している点については、
「USDロングの相場観が正しい」ということなんでしょう。
ただ、カナダ売りは「大きな流れ」に逆らっていることなので、
深追いは禁物。


■AUDNZDショートについては、もうしばらく様子を見ようと思います。
損切りなら損切りで潔く撤退します。


■格言 

テクニカルダマシは撤退

損切りドテンは福の神、の予感

国策に売りなし(小国の国策に逆らうな)



*他の凄腕個人投資家のポジションはこちら

↓オリックスFXでは現在現金100万円
が当たるキャンペーンをやってます
私もとりあえずダメもとで応募してみました。苦笑
オリックスFX



↓口座開設で最大5万円還元です





↓私が愛用しているGFT DealBookはココを通して利用させていただいています。
手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード



posted by FXTEC at 17:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | FX反省ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。